安倍川(あべかわ)を取り巻く山の中

渡る世間はおにばかり 大女将×女将

5月の花<チューリップ>

静岡市の温泉宿 梅ヶ島コンヤ温泉 大野木荘へようこそ

秋も終わりごろ、母の恒例の行事は、庭にチューリップ植えること。
いつも、300球くらい買っているかと。
買うのは私。植えるのは、母。
昨年暮れは、いつもの様に忙しい私。
うっかり、チューリップの球根買うの忘れてまして。
・・・母は、自分で市内のカーマというホームセンターで
買ってきたそうです。

母は、「美和が(私の名前)チューリップの球根買ってくれないから
私の少ない年金で買ったのよ」と嫁に行った妹に報告。
妹は(最近はいつもの事だと)私の事母がこんな事いってるよ、と教えてくれる。
いえ、ちょっと前の妹なら、私が母を大切にしていないと思いこみ
苦情が来てたかも。・・・最近は、妹も、私に理解を示してくれる・・・それは、ありがたい。

なんとなく、妹に言うこと自体が、ふに落ちない私。チューリップのことは
スルー。寒い中、庭で球根植えてる母を無視。
球根うえ終わるのも、時期も遅いくらいのこと、ようやく作業が終わったころ
母が私に言う。
「あんたが、球根かってくれないから、あんたも、球根買うの大変だと思ったから
私の少ない年金で、いつもより少ないけど、チューリップ買って植えたわよ」

(最初っから、言ってくれればいいのに)ブツブツ

しょうがない、インターネットで、売れ残りの球根を100球位買ってみた。
母に、前の既に土の中に植えた球根代を渡し、ネットで買った球根100球も追加で渡した。
(なんて、母思いの娘なのかしら・・・自画自賛)

母が、喜ぶと思ったら、また、100球も植えるの?大変!!と。
じゃあ、いいよ。来年植えれば!と私が言い返す。

しぶしぶ植えた(母上が植えて下さった)チューリップは、今、最高にきれい。
ネットの売れ残りは、見たことが無いような品種ばかりでとっても、ステキ。お勧めです。
母は、「あんたが買ったチューリップ、お客さんがすごく良いって」うれしそうに言った。

 

変な親子です。

ちなみに、家は、婿取りなんです。
良かったね、お嫁さんじゃなくて。

確かに後の100球追加で植えるのは大変だったのが、1つの植木鉢に、すごい密度で咲いてます。

めでたし、めでたし。



関連記事一覧

  1. コンヤの吊り橋
  2. 桃の花と桜
  3. グラウンドゴルフ場
  4. アイロンがけ
  5. 東海軒の幕の内弁当

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP