安倍川(あべかわ)を取り巻く山の中

ちゃっきり節

民謡

梅ヶ島温泉郷 梅ヶ島コンヤ温泉 大野木荘へようこそ

静岡といえば・・・
ちゃっきり節。
(ちゃっきり節は、大正時代から昭和時代初期にかけては、地域おこしや観光宣伝のため、旧来からの民謡を広く紹介し、あるいはPRソングとして民謡風の新曲を作るなどの動きが日本の各地で見られた。ちゃっきり節もその一つである。北原白秋作詞、町田嘉章作曲の歌曲。)ウィキペディアより。
梅ヶ島のお茶つみは、ゴールデンウィーク明けごろから始るのが例年。
大野木荘も昨日からお茶つみ。大野木荘の客室のお茶は、自家製、無農薬、味よし、体に良し。

あ、
今日は、民謡のおさらい会に20名ほどの団体様参上。ひがえり、午後は宴会コース。
尺八2台、三味線5台は大野木荘には結構迫力です。
まずは、「ちゃっきり節」からはじまる。
「うたは、ちゃっきりぶ~~~し♪」から、はじまったようです。
歌詞については、「蛙が鳴いているから (明日は)雨だろうね」という意味の方言「蛙(きゃある)が鳴くんて 雨ずらよ」
の静岡弁が、良い感じ。
◇静岡で宿泊◇ 環境省指定 「国民保養温泉地」
梅ヶ島コンヤ温泉「大野木荘」
今夜は梅ヶ島「コンヤ温泉」に泊まろう!

◆大野木荘FACEBOOKページ◆

関連記事一覧

  1. 梅ヶ島 大野木荘の夕食<5月>
  2. 団体様の御宴会
  3. コンヤ温泉<露天風呂>
  4. 合宿でのバーベキュー
  5. グラウンドゴルフ場

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP