親しみある楽しい集まり・・・人と人を繋ぐ、囲炉裏はそんな場所。当たり前の日本の文化を思い出す場所。

びわ+どくだみ茶

静岡の温泉宿 梅ヶ島温泉郷 大野木荘へようこそ

大野木荘でいつもお願いしてる、クロス屋さん。

「奥さーん、おみやげ!」

と、4リットルの焼酎の空きボトルに・・・なにやら、茶色い水。

何々?これ?

「びわ+どくだみ茶」だそうです。

なんでも、なんでも、クロス屋さんの奥様のお話なんですが・・・こんなこと、あるのかな・・・って本人も驚いてます。

手の施しようのない癌を患い、末期で、延命治療も諦め、医者の薬も断ち・・・

この、「びわ+どくだみ茶」だけを毎日飲んで、過していた所・・・・

大きな大きな癌細胞がみるみる、小さくなり・・・現在完治したそうです。

えーーー!

クロス屋さんのエピソードはながい。御本人の難病の甲状腺の病気も「びわ+どくだみ茶」で免疫力があがり

やはり、完治。とてもうれしそうに、話してくれます。主治医も驚きで、今、経過を見ているそうですが

転移なし。お医者様も驚きなんだそうです。すごい。

ふうん。びわの葉、どくだみ茶なら手に入りやすいから・・・

今のところ、大きな病気もお陰さまで無いのですが・・・

作り方教えてもらいました。

ってか、どくだみは・・・花が咲いたときのものが良いのかな・・・日陰で1週間干すだけ。

びわの葉は良ーーーーーく洗って、たわしでゴシゴシして、やはり、1週間干すだけ。

あとは、癌の人はびわを多めで20分煎じて冷やす。

以上。作ってみました。びわの葉が良いって聞くけど、本当なんだ・・・

 

 

 

関連記事一覧

  1. ヤマメの塩辛
  2. 百人一首「ちはやふる」
  3. おどり
  4. 母の日
  5. SNOWの写真
  6. 大野木荘の梅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP